バーベキューの炭火のおこし方
炭の種類とキャンプ・バーベキューでのポイント!


炭火のおこし方


炭火をおこすには、乾いた細い木の枝や葉っぱ木の皮などの焚き付けが大事です。

@風の吹いてくる方向にコンロの空気の取り込み口を向けてセットする。

A新聞紙などの燃えやすい紙を2〜3枚軽く握るように巻いてコンロの中に入れる。

B焚き付けとして、細い木や割り箸(10本程度)などを載せる。

C炭(出来るだけ小さめ)を5〜6個その上におく。

D着火ようライターやマッチなどで点火する。

E炭に火が多少でもついたら、上からうちわで扇ぐ。

F炭を追加する。

※いきなり太い薪や炭に火をつけようとしても無理です。

着火材は、火傷の危険な場合がありますので十分注意が必要です。


炭の火力の調整

炭火が弱い時-->うちわで扇ぐ。紙などを丸めて火吹き竹を作り火力を上げる。

炭火が強い時-->炭とアミなどの間隔をあけて火から離す。炭をコンロから減らす。

燃えにくい炭や薪などを載せて火力を減らす。

※水鉄砲が威力を発揮・・・火が強くなりすぎたら水鉄砲で調節できます。子供の係りにして参加させるのもいい!


美味しく焼くには、炭をオキの状態にすることが必要!

炭火をつけてから20から30分、炭の外側が白くなって火力が安定した状態をオキといいます。

炎がたっている状態では食材が焦げてしまって、美味しく焼けません。

オキの状態なら、お肉も美味しく焼けて、バーベキューOKです。

家で焼くより火から食材までの距離(20cm〜25cm)を置いて、焼き時間を長く取るのが美味しく焼くコツです。


炭がオキになるまでの時間を有効利用

がオキになるまでの待ち時間に食材を調理(下ごしらえ)したり、火を使わないサラダやマリネを作りましょう!


炭火を消す

実は火をしっかり消すことが、アウトドアでは一番重要なことです。

水をかけて火を消そうとするとコンロが割れたり、ひびがはいったり火傷をする可能性があります。

市販の火消し壷(加熱に注意)を利用すると、炭は再利用できます。

砂や土をかけて消すこともできます。

時間があれば、火が消えるまで待つのが一番です。

火の始末をしっかりとすることは、欠かせません。


バーベキュー(BBQ)通販
おまかせバーベキュー食材セット通販のお肉屋さん

炭の写真 特徴
ならの切り炭
火がつきやすい。
火がついている時間は中くらい。
火力は強い。
備長炭
密度が高く、なかなか火がつきにくい。
火がついている時間は長い。
消しても再利用も出来ます。
安いバーベキュー用の炭
火はつきやすい。
火力は非常に強い。
火持ちが悪くすぐ消えます。
臭いや煙が出るもの、花火のように爆ぜる物もあります。

バーベキュー食材セット販売専門店(有)肉の桑原/静岡県富士山朝霧高原のバーベキュー場・キャンプ場の紹介トップページに戻る